いきなりdangoの挑戦

「明日は今日と違う自分になる」を目指して、読書、健康、子育てなどライフログ

平日お酒を飲まないメリット

週5で晩酌します。

平日、お酒を飲まないことがいいことだと言うことはわかりきってます。それでも、飲んでします。メリットを書き出して、再認識したいと思います。

 

  • 夜の時間が長くなる。
  • 朝早く起きれる。
  • お金がかからない。
  • 飲み会で、いっぱい飲めるようになる。

 

夜の時間が長くなる。

 夜、お酒を飲んだ日は、だいたい9時半に寝ます。飲んでない日は、10時半なので、約1時間早く寝てしまいます。

 

朝早く起きれる。

 アルコールの分解には、水分と睡眠が必要だと思います。あとは、肝臓力です。アルコールを飲んで、変な時間に起きてしまうことはありますが、基本的には朝弱くなります。

 

お金がかからない。

 晩酌では、第3のビール2杯から3杯飲んでます。近所のスーパーは6缶で610円位なので、3缶飲むと、300円です。金曜日など、贅沢に行こうとして、ビールをチョイスすると、3缶で700円近くになります。飲み会に行くより全然安いですが、積み重なるとえらい金額です。子供が週に1回食玩を買いたいといって駄々こねますが、比較すると、可愛いものに見えてきます。

 

飲み会で、いっぱい飲めるようになる。

 アルコール分解は、肝臓の力、胃のちからによると思います。弱ってると、本来の力を発揮できないのは、一緒です。30過ぎると、無理が効かなくなります。飲み会のときは、楽しく、清く正しくです。絡み酒、撃沈は避けたいものです。なので、日頃から肝臓と胃に負担をかけないことが大事だと考えます。

 

ここまで書いて、わかってはいるんですが、どうしても飲んじゃうんです。10年前は、晩酌なんてと思っていましたが、うーん。習慣って恐ろしい。