読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきなりdangoの挑戦

「明日は今日と違う自分になる」を目指して、読書、健康、子育てなどライフログ

家を建てようとした話①

家を建てる
以前は、家を建てるより、出来る限り賃貸で暮らしたいと考えていました。
子供が大きくなって、2LDKのアパートから、あと二部屋くらい大きい家で、今のアパートと同じような設備、綺麗さを求めて家探しを行いました。

 

しかし、現実は、

  • アパートは、2LDKか3DKが一般的、4人で暮らせるアパートは見つからない。
  •   
  • 田舎だから、賃貸のマンションなんてない。
  •   
  • 貸家は、築20年以上がほぼ

 

借りるを前提に、いい物件を見つけるのって、大変です。
僕の住んでいるところでは、借りるにしても、手を入れてメンテナンスしないと、快適な生活は難しい。

このようなことを検討した結果、家を建てることが望んでいる生活ができることがわかりました。

なぜ、いまなのか?

  • 金利が安い
  • 建築材料費がまだまだ高騰しそう
  • 家族の時間を考えると今がベスト

3つ目の理由は、個人的ですが、一番大きな要因です。 子供のためというか、家族が快適な生活ができるために、家を建てたいと決心しました。 子供が一緒に住んでくれる保障は、子供が近くの高校に通ったとして、18歳までです。大学は、近くにないので、大学進学を考えると一人暮らしをすることになると思います。仕事も近所に少ないので、都市部に行って欲しいと考えています。 子供が小さいうちに家を建てて、一緒に思い出を作ることがメリット。 娘が、高校卒業するまで、あと16年と半年。
それまでいい思い出を、俺!!