読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきなりdangoの挑戦

「明日は今日と違う自分になる」を目指して、読書、健康、子育てなどライフログ

武雄市長 宇宙に衝撃を与える講演会に行ってきた。

 

月曜日開催と言うことで、仕事休んで、今話題九州のやり過ぎているひとの話を聞いてきました。

 

心に残ったことまとめ

①『1のことを100億倍に言うことが大事。』

 市長は、ほらをふくと言われたが、100億倍くらいにふくらませて言わないと誰も見向きもしてくれないってことだと思う。

 『言い過ぎる、やり過ぎる、突き抜ける。』ことが大事

 もちろん、言った後はそれを実行する必要があるだろうが。

 また、九州の人は、とってもおとなしい。だからこそ、100億倍位のつもりで言っちゃった方がちょうどいいと言うことだろう。

 

 ②『行政はリスクを取らなくていい。』  

  行政は、仕事を辞めなくていい。

  行政は、リスクを取らなくていい。

  行政は、責任を取らなくていい。

   極論は謝れば済む話。

 これは、公務員やっているとそんな話していいんですか?と戦々恐々

 しかし、目から鱗でした。

 確かに、真面目にやっているかぎり1億円の損出を出してもそこまで追求されないし、どうしようもない。むしろそれだけの事業をやってのけた。すげーって話担ってしまうだろう。

 また、地方では市町が一番金持ちだ。うちの町でも年間予算60億くらい毎年計上している。

 だから、企業はパートナーとして組みやすいのではないか?

 企業の皆さん、うちの町となんか一緒に仕事しませんか?

 

 ③地方はやるだけ効果がでる。

  対象が分かる。 だって顔見知りが多い

  やり方が分かる。対象が少ないから、

  ストーリーにあふれている

 

 これもわかる。仕事してて、わかる。

 対象は、少々の増減はあっても、主たる集団は変わらない。

 なんと言っても、万単位ぐらいだから、会いたいひとに会いに行けるし、電話できるしきめ細やかになんとでもなる。

 今までやってこなかったんだから、効果は絶大

 

 ④自分はこうやりたい

  ↓

  いいね!やろうよ  ←乗っかってくる。

  ↓

  炎上        ←やり方に対しダメだし、アイデア

  ↓

  いいものができる

 やりたいことが見つかっても、それをどうやって企画書書こう?

 誰に言おう。悩んだ末、忘れるってことが結構ある。

 人の頭を借りる。ひとのやる気を借りる。

 みんな誰もが、やりたいことがあって、言い出しっぺに乗っかってやりたいことをやる。勇気を出して、言って、まずは『炎上』が大事

 やっぱりほら吹くことが大事ですね

 

100の議論より1の実行

 深く考えない

 必要なのはスピード

 

実行、実行、すぐやる実行!! すぐやる

 

講演会とっても楽しかった。

あーうちの町もFB良品やらないかな-

FACEBOOK学会いきたいなー

首長パンチ--最年少市長GABBA奮戦記

首長パンチ--最年少市長GABBA奮戦記