読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いきなりdangoの挑戦

「明日は今日と違う自分になる」を目指して、読書、健康、子育てなどライフログ

日本農業への正しい絶望法 を読んで

日本農業への正しい絶望法 (新潮新書)

日本農業への正しい絶望法 (新潮新書)

 

我が家には、そこそこの田んぼと畑がある。

親父が、兼業農家だ。

 

TPP問題、農業ブーム、新規就農者補助など農業への手厚い補助等々が相まって、転職すると何とかやっていけるんではないか?

と常日頃考えていた。

ネット使って、おもしろいパッケージ、ストーリー、きれいな写真、こだわりをいくつか・・・

 

そんなつもりで、手にとって上記の本を読んでみた。

長年の不安的中!!!

あーやっぱりそうなんだ。

 

1、野菜がおいしくなくなっている。

肥料付け、農薬付け、農家の技能低下、農業指導者の指導力不足、指導者の意見を聞かない。

味の低下がわからない消費者

スーパーで買うキュウリが溶けるのも、キュウリ自体が弱くなっているからって話を聞いた気がする。

やっぱりおいしくなくなっているんだ。

 

2、技能集約型農業とマニュアル依存型農業

勘と経験、そして知識

農業を行う上で、天気のこと、森のこと、水のこと、土のこと、植物のことなど『農業をする』ことのプロであるのが技能集約型農業の担い手で

最小の投資で最大の効果を得ることができるので、環境に優しく、なによりおいしい野菜が作れる。

まさに、職人。

 

型にはまった農業を行うのがマニュアル依存型農業の担い手、兼業農家とか、一部の有機栽培農家とか、一種のばくちのにおいも感じる。投資がかさみ利益を上げることが難しい。なにより、職人が作る野菜に較べておいしくない。

 

職人はどんどん減っている。

 

3、農業は一人ではできない。

農業だから、時には農薬をまき、肥料を加える必要がある。畑の隣に住宅があったらその住民は迷惑に感じるだろう。

自分が丹精込めて作っている畑の隣が、荒れ果てて水はけもままならない状態だったら、いい野菜作りはできないだろう

農業は一人ではできない。地域の協力が必要である。

ただ、どんどん協力体制の維持ができなくなっている。

 

農業に対し、あまーい考えを持っていたが、絶望するしかないということがわかった。

しかし、技能集約型農業という生き方で、農家は生きていけることもわかった。

チャレンジするのもおもしろいかもしれない。

 

 

 

 

子宮頸がん予防ワクチン等3ワクチンが定期化?

昨年末、松井秀喜の引退記事の隣に新聞に載っていたのを発見。

 

現在、任意接種ながら、国の補助45%、市町村の補助45%以上※多くの町で55%市町村負担、自己負担なしで行っている、小児肺炎球菌ワクチン、ヒブワクチン、子宮頸がん予防ワクチンが定期化されるそうな

 

財源は、年少扶養控除廃止分

結局、地方自治体の自由に使えるお金って増えていませんやん。

 

定期化されると言うことで、接種対象期間内であれば、今年度中に接種しても、来年度に入ってから接種しても補助はある。現在も自己負担を払う必要のない市町村に住んでいるひとは、今の時期風邪引いてなかったら、早めに打ち始めた方がいいと思う。

自己負担額が発生している市町村に住んでいるひとは、接種対象期間を考えながら、4月以降がただで打てるかな?

 

導入当初の事故とかもあって接種率ってそんなに高くなかった気がするが、定期化されると接種率は上がるのかな?

 

ヒブと小児肺炎球菌は、最大4回ずつ打たないと行けないよね

乳幼児って、予防接種ばっかりで大変だなー

実践予防接種マニュアル

実践予防接種マニュアル

松井秀喜 完全版 ~夢と感動をありがとう [DVD]

松井秀喜 完全版 ~夢と感動をありがとう [DVD]

 

1月2日

早くも、今年のランニング継続日数が1日で止まる。

 

今日、朝息子のおむつを替える時、おしっこを引っかけられた。

暖かかった。

 

今日も年始に2件。

赤ちゃんがいるといい。

話題に事欠かない。

すべて赤ちゃんが主役。

つまり、息子はスターだ!!

 

ただ、つねに誰からも見られているから、ストレスも半端無いことだろう。

明日は、しっかり休んでくれ

2013 スタート

今年数えで、30になりました。

恐ろしい

 

昨年末というか昨日、最後の悪あがきで30分ほどランニングして、

今日も走ってきた。

もちろん筋肉痛だ。

 

正月のビールがおいしいぞ!!

 

2012 年次レビュー

仕事

 今の部署二年目 書類の整理棚を作成

 東京で会議に参加

 10年計画作成中

 春の初東京出張あたりで力を使いすぎて、夏抜け殻みたいにだらだら仕事してた。

 秋〜冬にかけては、計画、インフルエンザ、計画、次年度の準備

 来年は、新しい仕事に取り組む予定。

 その前に、異動か? 

 

家庭

 12月に、息子の誕生

 5月の鯉のぼり

 9月の親父の還暦

 12月の誕生日会

 

読書

 ビジネス本を本格的に買い始めた。

 30冊は買ったと思う。

 図書館も利用し始めた。

 30冊は借りただろう

 

まぁそこそこの1ねんだっただろう

武雄市長 宇宙に衝撃を与える講演会に行ってきた。

 

月曜日開催と言うことで、仕事休んで、今話題九州のやり過ぎているひとの話を聞いてきました。

 

心に残ったことまとめ

①『1のことを100億倍に言うことが大事。』

 市長は、ほらをふくと言われたが、100億倍くらいにふくらませて言わないと誰も見向きもしてくれないってことだと思う。

 『言い過ぎる、やり過ぎる、突き抜ける。』ことが大事

 もちろん、言った後はそれを実行する必要があるだろうが。

 また、九州の人は、とってもおとなしい。だからこそ、100億倍位のつもりで言っちゃった方がちょうどいいと言うことだろう。

 

 ②『行政はリスクを取らなくていい。』  

  行政は、仕事を辞めなくていい。

  行政は、リスクを取らなくていい。

  行政は、責任を取らなくていい。

   極論は謝れば済む話。

 これは、公務員やっているとそんな話していいんですか?と戦々恐々

 しかし、目から鱗でした。

 確かに、真面目にやっているかぎり1億円の損出を出してもそこまで追求されないし、どうしようもない。むしろそれだけの事業をやってのけた。すげーって話担ってしまうだろう。

 また、地方では市町が一番金持ちだ。うちの町でも年間予算60億くらい毎年計上している。

 だから、企業はパートナーとして組みやすいのではないか?

 企業の皆さん、うちの町となんか一緒に仕事しませんか?

 

 ③地方はやるだけ効果がでる。

  対象が分かる。 だって顔見知りが多い

  やり方が分かる。対象が少ないから、

  ストーリーにあふれている

 

 これもわかる。仕事してて、わかる。

 対象は、少々の増減はあっても、主たる集団は変わらない。

 なんと言っても、万単位ぐらいだから、会いたいひとに会いに行けるし、電話できるしきめ細やかになんとでもなる。

 今までやってこなかったんだから、効果は絶大

 

 ④自分はこうやりたい

  ↓

  いいね!やろうよ  ←乗っかってくる。

  ↓

  炎上        ←やり方に対しダメだし、アイデア

  ↓

  いいものができる

 やりたいことが見つかっても、それをどうやって企画書書こう?

 誰に言おう。悩んだ末、忘れるってことが結構ある。

 人の頭を借りる。ひとのやる気を借りる。

 みんな誰もが、やりたいことがあって、言い出しっぺに乗っかってやりたいことをやる。勇気を出して、言って、まずは『炎上』が大事

 やっぱりほら吹くことが大事ですね

 

100の議論より1の実行

 深く考えない

 必要なのはスピード

 

実行、実行、すぐやる実行!! すぐやる

 

講演会とっても楽しかった。

あーうちの町もFB良品やらないかな-

FACEBOOK学会いきたいなー

首長パンチ--最年少市長GABBA奮戦記

首長パンチ--最年少市長GABBA奮戦記

 

ああなるほど

藻谷浩介さん、経済成長がなければ僕たちは幸せになれないのでしょうか?

藻谷浩介さん、経済成長がなければ僕たちは幸せになれないのでしょうか?

 

地方に住んでて、公務員やってって、町の収入に対する税収の割合見ていると、

だめなんじゃないかって思ってた。

町の経済成長なしに、公務員って仕事は続かないと思ってた。

 

地域作りの目的は、他の市町村からの外貨を稼ぐ。

なんて思ってた。

 

違うみたいだ。

就職して、探していた方向性は、この本に書いてあることかもしれない。

藻谷浩介氏、山崎亮氏の話を直接聞きたい。